学校法人遺愛学院 遺愛幼稚園 Iai Kindergarten

歴史と伝統の中でのびのび学ぶ

遺愛幼稚園は、明治28年(1895年)に開園された、北海道でもっとも長い歴史と伝統を誇る幼稚園です。
保育内容と方法はフレーベル主義を正当的に受け継ぎ、「神様が創造した自然を愛する」「園児一人一人の性質を把握し、それぞれの発達と成長にしたがって保育する」「遊びを子どもの発達にとって意義あるものとする」という考えに基づいて構成されています。

園児一人一人の性質を把握し、それぞれの発達と成長にしたがって保育する 園舎は大正2年(1913年)に建設された歴史的建造物

園舎は大正2年(1913年)に建設された歴史的建造物で、古い遊具やホールも園の特徴。周囲にはハリストス正教会などの教会群や、函館を象徴する坂道などたくさんの歴史と文化にあふれています。
また、函館山の自然もすぐ近くにあり、感受性豊かな時期を過ごすのに適した幼稚園であると考えています。

感受性豊かな時期を過ごすのに適した幼稚園 古い遊具やホールも園の特徴

遺愛幼稚園の保育目標

1
個の確立

自分を知る
自分を表現できる

2
他者の容認

他の人を尊重する
受け入れる

3
共存体験の育成

他の人と共に励まし合い、
生きることの
素晴らしさを喜び合う

園の概要

所在地 〒040-0054 函館市元町4-1
電話 0138-22-0419
FAX 0138-26-7858
開園 1895年(明治28年)
園地 1,793坪(5,917㎡)
職員 園長、副園長、主任教諭、教諭、事務職、運転手、英語教師、自然インストラクター、体操教師
関連校 学校法人遺愛学院

アクセス